大宮第二公園(さいたま市大宮区) 梅まつり

最終更新日 2019.1.28 撮影日 2017.3.11 2010.2.20

2019年の梅まつり情報

第35回梅まつり
2月23日(土)〜3月17日(日) 開催
「全国大陶器市」も同時に開催
最近は「大宮第二公園 梅まつり&全国大陶器市」などと称しているのを見たことさえあります。

梅まつり 2017年

大宮第二公園 2017年梅まつり
大宮第二公園 2017年梅まつり

大宮第二公園の「梅まつり」はちょくちょく行っているのですが、なかなか美しく咲く梅をカメラに納められず、2010年のまま放っておいてしまいました。

かろうじて2017年の画像が天候に恵まれていて、梅もギリギリセーフだったように思うので数枚だけ掲載してみます。

ここ数年の「大宮第二公園 梅まつり」は下の画像に見える「全国大陶器市」に隠れて影が薄くなったような気がしています。ぼくだけかな?

だって、梅まつりの期間中、ほぼこんな状態です。それも、梅林の真ん前にこんな毒々しい風船のアーチを掲げて、奥は全国の陶器がずらーっと並ぶテントがこれでもか!と数え切れないくらい並んで、もう爽快爽快なのです。

とにかくものすごいですよ。決して誇張でなく、こんなに盛大な陶器市は見たことがありません。もっとも陶器市のアンテナは好んで立ててはいないのですが。

いやいや興味はたっぷりあるし眺めて触って使って楽しい陶器は大好きなのですが、これ以上趣味を増やすとたぶん破産しちゃうんじゃないかと……。

ここ最近、大宮第二公園の梅まつりではこの大規模な陶器市が必ず開催されているので、ご興味のある方は観梅がてら覗いてみると楽しいことがあるかもしれません。

大宮第二公園 2017年梅まつり
大宮第二公園 2017年梅まつり

大宮第二公園 梅マップ

大宮第二公園 梅マップ
大宮第二公園 梅マップ

45品種約520本の梅林(ここから下は2010年のです)

案内看板によると、「大宮第二公園」の梅林は約0.5haの広さがあり、紅梅約150本、白梅350本、枝垂れ梅約20本の合計約520本の梅が植えられています。

例年だと1月下旬から紅梅が咲き始めて、2月中旬に白梅、2月下旬から枝垂れ梅が咲き始め、3月中旬まで梅の花を楽しむことができるのだとか。

今日(2010年2月20日)現在、紅梅が9分通りで、白梅が6分程度、枝垂れ梅が咲き始めくらいだったでしょうか。珍しい梅もあるようなので、案内看板を良く読んで散策されると楽しいですよ、きっと。ここも年齢層が高かった。

大宮第二公園 梅まつり
数本だけキレイに咲いている白梅がありました。
大宮第二公園 梅まつり
大宮第二公園 梅まつり
大宮第二公園 梅まつり
大宮第二公園 梅まつり

微妙に色が違いますよね。上の四枚は下記の梅種のどれかです(笑)

梅にはそれぞれ名札がついています。紅梅では「八重寒紅梅」「紅牡丹」「鹿児島紅」等、白梅では「白加賀」「冬至梅」「野梅」「雪月花」「白加賀」枝垂れ梅では「紅枝垂」「曙枝垂」「宇治の春」「白滝枝垂」など。

最も多いのが「白加賀」「八重寒紅梅」と言われ、それらを中心に約40品種あると言われています。

梅まつりは、毎年2月ころに開催され、陶器市やお茶会、コンサートなど様々なイベントが開催されています。

梅林内部には散策路

大宮第二公園 梅まつり
駐車場脇の梅並木。ボンボリがいらないんだよな。
大宮第二公園 梅まつり
大宮第二公園 梅まつり
大宮第二公園 梅まつり
大宮第二公園 梅まつり

春遠からじ

大宮第二公園 梅まつり
白梅はまだ早かったですね。
大宮第二公園 梅まつり
「香りロード」の付近。数本だけ並んでいます。右手にテニスコート。
大宮第二公園 梅まつり
こうして見ると紅梅はほぼ満開ですね。管理棟側です。
大宮第二公園 梅まつり

大宮第二公園の梅林について

大宮第二公園 大宮公園第二公園の梅林について

アクセス他

電車
JR大宮駅東口から徒歩30分、東武野田線大宮公園駅から徒歩20分程度。大宮駅からは辛いですが、大宮公園駅からなら歩けない距離ではありません。
バス
大宮駅から東武バス「宮下」「岩槻駅」(大50)乗車10分「鹿島橋」「芝川」バス停下車(「鹿島橋」はちょっと歩きますが、「芝川」はまん前です。)
駐車場
第二公園専用は、2ヵ所約250台。イベント時(場合によっては平時も)は、多目的広場が臨時駐車場に早代わりします。合計すると1,800台近く駐車が可能。

こんな記事も読まれています