ネーブルパーク 1999.11.28&2001.10.21&2007.6.16撮影

記事へもどる TOPへ



 ネーブルパーク入り口。中央部分に道路が走っています。この右手にそば処があります。手打ち麺です。1999.11.18撮影


 左は宿泊もできる「平成館」。中央は第一駐車場横にある「農産物直売所」「ネーブルそば処」。右が陶芸体験ができる「工芸館」です。2001.10.21撮影




 涌く池から流れ出した水が小川となって、芝生広場の周囲の池に流れ込みます。中央部分が芝生広場。右手にアスレチック広場とキャンプ場、奥に水車小屋やしょうぶ園があります。1999.11.18撮影


 しょうぶ園と水車小屋。時期外れだったので花は咲いていませんが、時期にはウッドデッキの周囲一面にしょうぶが咲き乱れます。更にこの奥には、ニッコウキスゲ園もあります。左は2001.10.21撮影。下は1999.11.28撮影




 キャンプ場の奥にある、湧く池。巨大な岩から水が迸り出ています。この水が奥に向かって流れ、芝生広場の周囲の池に流れ込んでいます。バンガローもいくつか見えます。1999.11.18撮影


 キャンプ場。左は水場。中央は、バーベキューテーブルとかまど。これは小テーブルでしょうか。そして右がキャンプセンター。中央の写真の奥に見えるのが、ログキャビンです。2001.10.21撮影




 周囲を池に囲まれた芝生広場。起伏があってよろしいのですが、周囲が池だから、安心して遊ぶことができません。発想は良いと思うんだけど、もうちょっと工夫すべきだったと思う。右奥には、キャンプセンターが。2001.10.21撮影


 左がアスレチック広場。中央には展望すべり台があります。すべり台は二基あって、大が40m、小が24mの長さです。ちなみに展望台の高さは12.8m。この下が巨大地下迷路で、緑色は空気穴です。ヘルメット着用が義務付けられています。1999.11.18撮影
 右は新しくできた「子供の広場」。船の形をした金属製の遊具です。2001.10.21撮影



 キャンプ場の横にあるでっかい山。これって地下迷路を作ったときの残土でしょうか? あまりに場違いで、正体不明なので撮影してみました。かなりの高さがあります。1999.11.18撮影




 入り口すぐにある大地の広場。まんなかには噴水もあります。真夏には子供たちで大賑わい。手前の花は名前がわかりません(^^;;)。あ、サルビアか。1999.11.18撮影


 左が「ポニー牧場」。ふたりで引いてくれるので安心です。引き馬の人たちは、乗った子供たちに上手に話し掛けてくれて緊張を解いてくれます。右は厩舎と休憩所。2001.10.21撮影 注:2007年現在、この馬場では体験乗馬が行われています。引き馬は、水路を渡ったふれあい広場の一角に場所を移しました。
 厩舎内部はこんなになっています。右は栗毛の美しいサラブレッド。全部で何頭いるのかな。2001.10.21撮影 注:2007年現在栗毛の馬はいません。


 どこにでもある古民家。更に奥には、こんな風景が広がっているのです。2001.10.21撮影

 


 以前は調整池でしたが、今は「つり掘り」になりました。池の周囲には樹木がないので、夏はつらそうです。極端なんですよね、この公園。2001.10.21撮影


これより下は、2007.6.16撮影です。



園内にある案内看板。東西南北がわかりにくいですよね。たぶん、左が北です。

ずっと上の方にある沸く池の横手です。こんな感じで水遊びができるように流れています。
これが、地下迷路への入り口だ! 後ろ側に、自販機があるので、ヘルメット着用券を買って、おじさんにお願いしよう。
バーキュー場・地下迷路方面の芝生広場はこんな風に傾斜しています。深くは無いけど、ちょっとこわいな。
地下迷路側にある売店。簡単なおもちゃとか飲み物などを売っています。

ネーブルそば処。しっかりした手打ち麺でうまかった。でも、一本の麺が短いのね。

ネーブル子育て広場「ヤンチャ森」。この建物が公園で最も新しいんじゃないかな。3歳以下専用の児童館。
第一駐車場。そば処もヤンチャ森も全部この周辺です。この写真の奥に、つり堀があります。


つり堀。公園の水場には池を汚してしまうので、石鹸がありません。






釣れた!! 結構大きいでしょ? フナですね。 リリースします。

ポニー牧場。厩舎もあります。

引き馬のりば。一回100円なんて、本当にありがたい。距離は短いので、200円で二周している子もいました。

引き馬の広場は、こんな感じの芝生広場の一角です。横のカラフルな遊具は海賊船を模しているようです。


↑右上の遊具に近寄るとこんな感じ。海賊船じゃなくて帆船かな。

→ローラーじゃないですが、結構楽しそうな滑り台があります。小学2年の息子も喜んでいました。

↑以前は、ここで引き馬をしていました。今は乗馬体験の舞台です。

←芦毛のポニー。結構大きいでしょ? ポニーってもっとずんぐりむっくりしているイメージだった。

こんなにきれいな芝生広場がありました。右手に船の遊具、後ろが引き馬乗り場。

ほたるの里。本当にほたるが生息しているようです。近所の方がうらやましい。
ほたるの生息地は水辺なので、絶対立ち入り禁止だそうですよ。

古民家からの道。初夏の竹やぶ。






記事へもどる TOPへ