八丁湖公園(吉見町)

最終更新日 2021.3.5 撮影日 2020.8.10

ハイキングができる公園

公園の入口の看板。奥に八丁湖が見えます。右手に行くと営業していないレストハウス。左には「フレンドシップハイツよしみ」。

吉見百穴の近くにある、農業のために作られた人工の湖(八丁湖)と丘陵地帯からなる公園です。

丘陵地帯は、標高38mほどの通称「ポンポン山(正式には玉鉾山(たまぼこやま))」が最高峰です。38mですから、起伏もそれほどきつくありません。

右写真の大きい方の看板の横に当ページの下に置いた「園路案内図」がありました。「ポンポン山」は「丘陵コース」のほんのちょっと先にあるので、案内図には掲載がありません。

標高が低く起伏も少ないので、小さいお子さん連れでも全然大丈夫です。しかも、それなりに鬱蒼とした山道に、途中「高負彦根(たかおひこね)神社」などもあって雰囲気も良い。ポンポン山は神社の裏山です。

八丁湖を起点にして「ポンポン山」まで往復すると2時間程度でしょうか。気持ちの良いプチハイキングになることでしょう。時期の良いときにトレッキングシューズ持参で再訪したい。

「ポンポン山」っておかしな名前ですよね(笑)。全体が岩山で、中腹に登って足を踏み鳴らすと、ポンポンといい音がするのでそんな名前になったのだそうです。中に空洞でもあるのでしょうか。

湖の周囲にはウォーキングコース

湖の周囲にはぐるりとウォーキングコース。かなり整備状態が良いので、紅葉シーズンや花のシーズンはたくさんのお客さんがやってくるのでしょう。

八丁湖は、湖といっても周囲が1600mほどで総面積は約52,000平方メートルしかありません。ヒトデ形をしたちょっと大きめの池でみたいなものでしょうか。

以前は、湖畔のレストハウス(レストラン)が営業していて、へら鮒釣りの客がたくさんいてそれなりに賑やかでした。入漁料は1500円。

レストハウスから湖に突き出た桟橋が釣り場でした。たくさんの釣り客がいらっしゃったように記憶しています。その当時は、ボートも営業していました。当サイトでもそのように掲載していました。

しかし、2010年ころには桟橋も無くなって「釣り禁止」になりました。「釣りができなくなって、ボートも無くなった」と「公園へ行こう!」の読者からご連絡をいただいたので、役場に電話したことがあります。

役場の担当者によると「再開する予定はまったく無い」そうです。元々地域の方々の共同運営だったようです。横穴群の土地も個人の持ち物だとか。

更に、2020年夏に訪問したところ、湖の角にあった白いレストハウスが撤去されて更地になっていました。

過去の遺物?がほぼすべて撤去されて、見栄えが良くなり公園としは以前より素敵になったように思います。

湖の周囲を通る1600mのウォーキングコースがすばらしい。途中にある大きめの四阿で静かに湖を眺めていると時間を忘れます。

以前は野良猫が多く、当サイトでもそんなことを書いていましたが、今回(2020年夏)の訪問では一匹も見ませんでした。

湖に突き出したウッドデッキ

湖に突き出たウッドデッキ。真夏のため水が少なめですが、春先等はきっと良い雰囲気だと思います。

湖の奥にあるのが「黒岩横穴墓群」。たった一ヶ所しかない園路のトイレを挟んだ山側にあります。吉見百穴と同じく古い墓だそうで、一節によると吉見百穴よりも多くの穴が存在するらしい。でも、大半が埋まっています。

「黒岩横穴墓群」の周辺に少しだけ芝生広場があります。ちょっとしたテーブルなどもあって、一番公園らしいエリアとなっています。平らじゃありませんが。

トイレを挟んだ湖側に平成24年2月、ウッドデッキが完成しました。湿地帯を形成しているようで、ウッドデッキから水辺を観察することができます。今回の訪問は8月だったので水が少なくて風情がありませんでしたが、春先などはきっと良い雰囲気になると思います。

その少し先に、埼玉県の蝶であるミドリシジミがたくさん生息する「ミドリシジミの森」があります。運が良ければ遭遇できるかもしれません。ハンノキが生い茂って鬱蒼とした気持ちの良い場所です。

今回久しぶりに訪問しましたが、真夏ということもあって閑散としていました。紅葉と花の時期に訪問したいですね。

湖畔には「フレンドシップハイツよしみ」という公共の宿があって、日帰り入浴も可能なので、次回は是非利用してみたい。素泊まりで3000円〜5000円程度。日帰り入浴は平日大人500円小学生以下300円です。祝祭日はそれぞれ100円増しだそうです。

八丁湖公園 周辺園路案内図

八丁湖公園 広域案内図

八丁湖公園 広域案内図(2000年撮影)

施設概要

アクセス
駅から歩ける距離じゃありません。
バス便:東武東上線「東松山駅」←→ JR高崎線「鴻巣駅」川越観光バス「比企吉見農協前バス停」下車 徒歩20分
平成31年まで「吉見町巡回バス」がありましたが、廃止されました。2021年3月現在は「デマンド型交通」と呼ばれる予約型になっています。町外者の利用も可能ではありますが現実的ではないように思います。
詳細は「吉見町デマンド型交通利用ガイド」ご覧下さい。→ 吉見町デマンド型交通利用ガイド(PDF)
駐車場
「八丁湖」看板の下に町営駐車場が2ヶ所。無料です。30台程度は可能。 

こんな記事も読まれています