元荒川河川敷公園(蓮田市)

撮影日 2011.4.9

こんな施設があるよ

埼玉県有数の桜の名所

元荒川河川敷公園
公園の北部分に広がる広場脇の桜。左奥は川岸だけあって水はけが良さそうなグラウンドです。すぐ横に川なので、ボール遊びには注意が必要ですが。

位置としては西城沼公園のまん前。ドラッグストア横の交差点を反対側に行くと、元荒川が蛇行したその膨らんだ部分に広がった公園です。

埼玉県でも有数の桜の名所として知られていますが、この公園自体の桜並木はそれほどでもありません。公園の前後数kmに渡って、450本も連なった桜並木全体を指して「桜の名所」と呼ぶのが正しいかもしれません。

全体を見れば、同じ河川敷の土手桜でも越谷の桜堤よりもずっと規模は大きいでしょう。南は、あらかわばしとJRの鉄橋を越えて川島久伊豆神社あたりから、延々と桜並木が連なっています。南側の桜並木は川の両岸にありますが、公園付近の反対岸は住宅が立ち並んでいました。

こちらの桜は、姉妹都市か何かで交流のある新潟県の都市から寄贈されたのだそうです。太くて背の高い桜と低くて細い桜があったので、地元の方に伺ったところ細い方が最近寄贈していただいたものだと説明してくださいました。桜の様子は、元荒川河川敷公園の桜 荒川橋付近の桜(2000年) 宮前橋付近の桜(2011年) をご覧ください。

ちょうど畑作業をしていらっしゃったので、「桜の時期には踏み荒らされてたいへんでしょう?」と伺ったら、こちらの花見客はマナーが良くて、踏み荒らされたりはしないとのことでした。とても良いですね。

さくらまつりの時期は近隣は大渋滞です。駐車場なんてありませんからね。しかも道が狭いので注意が必要です。

桜の時期以外でも

元荒川河川敷公園
延々と続く桜並木。このあたりには比較的若い桜も多く、背の高さが一定ではありません。左手が公園です。

付近の元荒川河川敷は、緑地が多くて、ちょっとした広場になっているところが何箇所もあります。その中でも地形の良さと緑地の広さではこちらの公園が一番でしょう。

海の無い埼玉県人にとっては、それほど幅の無い川とはいえ、水辺の気持ちよさは得がたい雰囲気を醸しだしてくれます。

芝生広場がそこそこに広くて、水辺があって、土のグラウンドもあって遊歩道も整備されていてと、桜の時期だけに訪れるのはもったいない公園ですよね。

周囲の住宅にちょっとばかり興を殺がれるかもしれませんが、ぼうっと川を眺めているのもまた楽しいかも。

下のGoogle mapでは公園の名前が入っていません。川が蛇行するあたりの膨らんだ部分が元荒川河川敷公園です。別ページの写真紹介では、ちょっと南側になりますが、鉄橋側の写真も納めています。