しらさぎ公園(久喜市)

撮影日 2016.6.18

ラベンダー山

しらさぎ公園
しらさぎ公園ラベンダー山。2500株ものラベンダーがあるんだそうです。

「しらさぎ公園」のラベンダー山は、埼玉県唯一の「ラベンダー」の名所です。

植えられているラベンダーは約2500株。近くの菖蒲総合支所前のラベンダーと併せて約7000株にもなるラベンダーが、久喜市に合併された旧菖蒲町最大のおまつり「ブルーフェスティバル」の主役のひとつです。(もうひとつの主役は菖蒲城趾の「あやめ園」)

しらさぎ公園は広さ約1.58ha

それほど広い公園ではありませんが、ラベンダーの名所であり、この規模の公園としては珍しい吊り橋が架かり、鬱蒼とした雰囲気もあってコンパクトにまとまったとても良い公園です。

ラベンダー山の頂上へは、ラベンダーの中を正面からなだらかに登るルート、吊り橋へ繋がる道と合流するルート、山の裏手から階段で直登するルートの3ルートがあります。オススメはラベンダーの中を正面からなだらかに登るルートですね。

ラベンダー山の頂上は少し開けた場所があってベンチが置いてあるので一休みできます。大きな岩もありますけど、これは何か意味があるのかな? 山自体はそれほどの高度はありませんが、視界が良くて気持ちが良いです。しらさぎ公園 ラベンダー山 に写真をたくさん掲載しています。

山頂から広い道を下っていくと吊り橋があります。

吊り橋は公園中央部を走っている車道の上に架けられています。公園が二つに分断されてしまっているのでちょっと残念な感じですが、おかげでこんな吊り橋を渡れるわけですからモノは考えようかも知れません。

余談ですが、ラベンダー山から吊り橋に向う道はほぼ一直線の下り坂で視界がとても良いです。ぼくは一目で気に入ってしまいました。この公園で一番好きな場所です。

子どもの遊び場

しらさぎ公園
ラベンダー山の反対側エリアにある子どもの遊び場。ロープウェイもあります。

ラベンダー山と吊り橋でつながれた片方のエリアには、四阿、池、子どもの遊び場、健康遊具などがあります。

ラベンダー山から吊り橋を渡ってすぐにある四阿は、樹木の濃い影に抱かれて良い雰囲気。こんな規模の公園で森林浴ができてしまいます。

四阿の下に池があり、池の周囲というか公園の外周部分が小高くなっていて、そこに子どもたちの遊具が並んだ広場がありました。

子どもの遊び場はブランコと滑り台とロープウェイでしょうか。広場の中央付近に四角いベンチ。ささやかな遊具広場です。詳細は しらさぎ公園 遊具 をご覧ください。

ここでまた健康遊具に文句は言いたくないのですが、子どもたちの遊具がこれだけしかないのに、年寄り向けの健康遊具は6基も並んでいます。正直どうかと思うんですよね。当サイトは「公園は子どもたちのモノ」という立場ですので。

一日遊べる公園ではありませんが、ラベンダーの季節に一度訪れてみる価値はあるでしょう。

ラベンダー山の麓には社会福祉法人が運営するベーカリー「森のパンやさん」があります。でも土日はお休みなんですよね。ぼくらが行ったときはちょうどブルーフェスティバル開催期間だったので裏にテントを張って営業していらっしゃいましたけど。

アクセスと駐車場

駐車場
1ヶ所(砂利敷き)10台程度
バス
JR高崎線桶川駅東口 菖蒲車庫行き乗車 「菖蒲仲橋」バス停下車 徒歩約15分
JR宇都宮線久喜駅西口 菖蒲仲橋行き乗車 「菖蒲仲橋」バス停 徒歩約15分

しらさぎ公園 園内案内図

しらさぎ公園 案内図
しらさぎ公園 園内案内図

こんな記事も読まれています