春日部夢の森公園(春日部市)

  • 公園の紹介
  • フォトギャラリー
最終更新日 2021.12.11 撮影日 2021.10.2&9.19

こんな施設があるよ

インデックス

2021年10月1日部分オープン
春日部夢の森公園の個人的な全体感。
公園施設いろいろ
築山、調整池とデッキ、管理棟、芝生広場。公園の施設について。
全長約365mのデッキとチキンレッグの調整池(南池)
一番気に入っている調整池に架かるデッキの紹介。
北半分は2022年4月1日開園予定
北側の開園とどんな施設が造られるのか。ちょっとした未来図も。
除外されたエリア
20haの予定がなぜ16haになってしまったのか?
春日部夢の森公園の未来予想図
全面開園したあとの公園のすがたについて
春日部夢の森公園 全図
春日部夢の森公園の案内図。GoogleMapからのキャプチャと公園設置の案内図。
春日部夢の森公園 アクセスとか
アクセス、バス便、駐車場、トイレ、サークル室等。

インデックスに戻る

2021年10月1日部分オープン

部分開園した春日部夢の森公園。左が管理棟、右に見えている緑の山が築山、緑のエリアは芝生広場です。

春日部市民が首を長くして待っていた「春日部夢の森公園」が、2021年10月1日、部分開園しました。

県立の新しい公園が春日部にできる!と知ったのは2013年でした。大喜びでツイッターに上げたことをよく覚えています。

当時は「(仮称)新たな森公園」と呼ばれていました。

計画は2010年ころから始動して順調に推移していたのですが、2014年ごろ、公園エリアに県議とその親族の土地が含まれていると問題になって1年以上事業執行が停止したときは、もう終わったと思いました。

しかしたった2年の遅れで部分開園までこぎつけることができました。執行停止がどう決着したかは最後の方にちょっとだけ書きましたので、ご興味のある方は目を通してみてください。

今回開園したのは、道路を挟んで北と南に分かれている園地の南側の約7.9haです。

かすかべ湯元温泉側から来ると左側、国道16号の陸運局前の信号「増戸(北)」を折れて来ると右側のエリアです。

新しくて良い公園なのですが、2021年12月になっても飲料水の自動販売機が設置されていません。早く設置して欲しいところですが、指定管理者が決まる2022年の4月以降にならないと難しいかも知れません。

インデックスに戻る

公園の施設いろいろ

管理棟の屋上展望スペースから見た築山方面。中央左に見える緑のお椀を伏せたようなものが築山です。

「春日部夢の森公園」南側の主な施設は、管理棟(事務室、サークル室3室、屋上展望スペース、トイレ等)、芝生広場、築山(高さ5.m)、調整池(南池)と池に架けられたデッキ、活動広場(多目的広場?)、園路、全長845mのジョギングコースなど。

入口は、かすかべ湯元温泉側と陸運局側と公園南端の3ヶ所で、先に書いた2ヶ所はどちらも入ってすぐが駐車場になっています。

大きな横長の管理棟があるのが陸運局側のエントランス。この管理棟がかなり特徴的です。

駐車場側は直線なのですが、公園に向いた側は曲線になっていて近未来的というかかなり柔らかい印象を与えてくれます。

駐車場から管理棟に向かって左側には外階段があって、登ると広い展望スペースになっています。

積み木のような大きな倉庫がズラリと並んでいる場所に近く、しかもオープンしたばかりなので樹木も目に入らないので景色は良くありません。

安全上、屋上の端までは行けない構造になっていますし。

目を惹く築山も同じです。築山のあるかすかべ湯元温泉側は隣の道路を超えたら民家が立ち並んでいます。

築山から見た管理棟と芝生広場方面。積み木のような倉庫群が興を殺いでしまいますが。

築山に登る階段は34段。1段17pとすると5.78mと書いていましたが、管理事務所の方に伺ったところ5mだそうです。ということは1段15cm弱ということですね。

土を盛って富士山みたいな山を造っただけなのですが関東平野まっただ中の真っ平らなので、それだけでも多少は視界が開けます。

2022年オープン予定の北側にも池があって築山が建設されます。こちらの築山は8m〜10mを予定しているそうです。

それでも、どちらもそれほど大きくありません。「まつぶし緑の丘公園」みたいな大きな山は望みませんが、もうちょっと大きくして樹木を植えると良かったのにと思ってしまいます。

ジョギングコースは845m。意外と長いですね。距離を教えてくれる標柱が立っていて親切です。

園路(ジョギングコース)を歩いていて、気がかりなことがあったので書いておきます。蛇足かも知れません。

芝生広場から園路を歩いて行くと、突然道が途切れて目の前に白い鉄塔と鉄板を並べた壁が立ちふさがります。

公園敷地内で営業を続けている事業所があるのですね。

ジョギング用の素材が貼られていない、付け足しのように造られたレンガ舗装のショートカット園路?を回り込んで進むと途切れた園路が復活します。

この事業所は改良土製造工場のようです。

聞けば「あの白い塔は最近色を塗り直したばかりなんですよ」だそうです。

土地収用交渉がこじれちゃったのかな? 気になります。

このページの下の方に貼り付けた衛星画像にはっきりと写っているので「何のこと?」と思われた方はご覧ください。

インデックスに戻る

全長約365mのデッキとチキンレッグの調整池(南池)

池に架けられたデッキ。階段を登ると広めの踊り場。向こうに白い積み木のような倉庫がズラリと並ぶ倉庫街。左が新岩槻郵便局で中央左の大きな建物が第一倉庫冷蔵です。

「春日部夢の森公園」でぼくが一番気に入った場所は、調整池(南池)と池の片岸を巡るように作られたデッキです。

GoogleMapで計測したところデッキは全長約365m幅約2mありました。

池に突き出たデッキの一段高い場所に造られた広い踊り場は、幅約5.2m長さ約37mもあります。出入り口は3ヶ所設置されています。

調整池(南池)はチキンレッグのような形をしています。細い足先に伸びる付け根のあたりにデッキの橋が架けられています。

更にチキンレッグの内側を保護するように伸びて、池の上に突き出しています。

文章ではわかりにくいのでGoogleMapからのキャプチャを貼り付けてみます。

GoogleMapからのキャプチャ。
茶色の建造物がデッキ。

茶色っぽい線が調整池に架かるデッキです。

どうです?この池、チキンの足に見えませんか(笑)

調整池ですので、大雨が降ったあとは要注意です。デッキのあたりも沈んでしまうかも知れません。

調整池は2022年にオープン予定の北園にもあります。管理事務所の方に「池は人工ですよね?」と質問したのですが「わからない」との解答でした。

下に掲載した地図資料は、2014年ころにぼくが集めたものです。たぶん、2010年ころに県が発表した資料だと思います。

赤っぽい部分が公園予定地。キャプションは当時ツイッターに上げるため(解りやすくするため)にぼくが入れました。

水溜まりがありそうな形跡は見られませんね。

公園の南側も北側も池らしき姿は記載されていません。

春日部夢の森公園の二つの調整池は人工池です。

春日部市が作成したハザードマップによると、「春日部夢の森公園」は利根川と江戸川のどちらが氾濫しても、3m〜5mの浸水想定区域に入っています。

防災面でも意義が大きそうです。

インデックスに戻る

北半分は2022年4月1日開園予定

建設中の北園。左がトイレで奥に大型休憩舎。開園が楽しみです。

北側は2022年4月1日オープン予定と聞いています。

しかし、今回開園した南側も当初は平成32年開園予定でした。

2021年に限っても、最初は6月1日とアナウンスしていたような気がするので、北園開園も予定通りいかない可能性が高いと思われます。

しかし、工事はかなり進んでいて、大型休憩舎と下に貼り付けた地図のように調整池(北池)ができています。

資料によると、そのほか、草原、里山、築山ができるようです。

南園と同じく樹木をたくさん植樹するスペースが確保されています。公園全体で27,353本植樹するのが目標だそうですので、気が遠くなるような計画です。

気になる遊具ですが、管理事務所の方に伺ったところ「予定はありません」とのことでした。

でも、30年以上公園を見てきた経験から断言してしまうと、いつかわかりませんがたぶん遊具は造られます。

開園当初のコンセプトがずっと維持される公園は見たことがありません。コンセプトを曲げるのは政治家ですね。もちろん時代は刻一刻と変化するので対応することも大切です。

とりあえず、「身近なみどり再生のシンボル」となる公園だそうなので、たくさんの樹木を植栽して里山のような公園になるのでしょう。

「はじまりの森」の案内板。この横手に2m・6m・8mの柱が立っています。植樹して10年でやっと8mなんですね。

実際、2016年ころから地元の団体や小学校を巻き込んで植樹活動が進められ、令和2年12月時点で合計870本の樹木が植栽されています。

今後は園路の外延にも植栽予定で準備が進められています。600本近い樹木が育苗中です。

春日部夢の森公園の最終形態が見られるのは、今後20年近くにわたる植樹作業を終えて樹木が育った30年後かも知れません。

ただ、それにしては……、なんです。

南園をぐるりと回った感想を素直に書いちゃうと「森が浅い」。

園路を外側から囲むように植樹スペースがあって、築山と活動広場のあたりには「はじまりの森」と名付けられた植樹エリアもありますが、どうみても狭い。

歩くとすぐに樹木が途切れてしまいます。

春日部の近隣でなら「新しい村」の山崎山みたいに、里山の中に分け入る園路が整備された森を想像していたのですが違うみたいです。

北園も似たような感じで森が浅いのですね。

問題発覚で除外されてしまった公園エリアはすべて植樹エリアでした。残っていればもう少し深い森になっていたのに、と思うと残念です。

インデックスに戻る

除外された公園エリア

かすかべ温泉側の入口に造られた公園の銘板。チラッと築山が見えていますね。

「除外」と書きましたが、どういうことか簡単に書いておきます。

冒頭に記した県会議員とその親族の所有地の問題です。

結局、問題の土地を公園エリアから省く形で事業が進みました。総敷地面積20haで予定していた公園が16haになってしまいましたが。

でも、どうなんでしょう?? 公平性と透明性は大切だと思いますが、権力者の土地が含まれているからと騒いでいたら今回みたいに歪な結果になってしまいます。

おかげで公園が4haも狭くなって、結局迷惑を被ったのは利用者(納税者)です。

その議員がみどり事業を推進する立場のなんとか推進議員連盟の会長だったことも問題を大きくしました。いくら強引な土地取引や高額取引はなかったと説明されても、公園建設場所の選定に関わっていたとしたらどうでしょう?

妄想が膨らみますね。

でも、だからといって「春日部夢の森公園」の価値を損なうものではありません。

「春日部夢の森公園」に行ったら、デッキで風に吹かれて芝生広場で子どもたちと思いっきりふれあって、築山から遠くを眺めて斜面を滑り降りましょう。

思い切り楽しみましょう。

インデックスに戻る

春日部夢の森公園の未来予想図

管理棟のかすかべ湯元温泉側のこの部分。貸店舗スペースだそうです。素敵なレストランカフェが入居してくれませんかねぇ。

最後に「春日部夢の森公園」の未来について書いてみます。

2021年12月現在閉ざされている管理棟の通路の「かすかべ湯元温泉側(トイレのある側、屋上への階段のある側)」は、店舗スペースだそうです。

2022年4月1日の北園の開園を待って公園の管理を指定管理者に委託することになりますが、その後は指定管理者の権限で店舗を誘致することになるのだそうです。

具体的には決まっていませんが、一応飲食店をイメージして設計してあるみたいです。前面ガラス張りなので素敵なレストランカフェが入ってくれると嬉しい。

ダサい手抜き店舗ばかりだった公園内の飲食店ですが、指定管理者制度の導入とともに良いお店が増えてきました。

目立つレストランorカフェを上げてみると、

久喜菖蒲公園(久喜市)
BEACON coffee and bakes
所沢航空記念公園(所沢市)
エコトコファーマーズカフェ
ニコリコハウス
水城公園(行田市)
VERT CAFE(ヴェールカフェ)
トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園
CAFE PUISTO(カフェプイスト)
清水公園(野田市)
Cafe アゼリア
つつじが岡公園(館林市)
SUGA HILL CAFE」 など

今後も「さきたま古墳公園」が新エリアに飲食スペースを計画している等、動きは活発です。

埼玉県には目先の利く優秀なシェフがたくさんいらっしゃいます。是非やる気のある優秀なシェフと組んで地域の誇りになるような店舗を作り上げて欲しい。

個人的には食傷気味のカフェよりも、本格的なイタリアンorフレンチandカフェを望みます。

北園の貯水池は南よりも大きく、築山も南より高い8m〜10mになるそうです。

今後20年くらいかけて植栽する樹木は27,353本を目標にしているそうですから、じっくりゆっくり見守りましょう。

現在の南園でもイタチやタヌキ(ちいき新聞春日部版2021年10月15日号に記載)が確認されているそうです。

多彩な命を育む森に育って欲しいですね。

完成が見られないのが本当に残念。

インデックスに戻る

春日部夢の森公園 全図

GoogleMapからキャプチャした衛星画像です。
道路の南が今回開園したエリア。
北側は2022年開園予定のエリア。
公園に設置された案内地図。

インデックスに戻る

春日部夢の森公園 アクセスとか

開園
24時間(ただし、駐車場は8:00開門17:30閉門なので注意)
鉄道
東武野田線「豊春駅」東口下車 約2.1km(徒歩約28分)
東武伊勢崎線「一ノ割駅」下車 約3.3km
東武伊勢崎線「武里駅」西口下車 約3.6km
バス
「春日部駅」西口発 朝日自動車バス「かすかべ温泉/ウィング・ハット春日部」行き乗車(約15分) (料金220円)「かすかべ温泉バス停」 下車 徒歩約7分(約510m) 朝日自動車 時刻表
クルマ
東北自動車道「岩槻I.C」から5.5km(約15分)
国道16号「増戸(北)交差点」を南東方面へ約1.1km(約3分)
駐車場
2ヶ所 合計76台(東側47台、管理棟側29台)
開門 8:00
閉門 17:30
トイレ
3ヶ所(北園に2ヶ所設置予定)
サークル室の利用
8:30〜17:00
休館日 12月29日〜1月3日
利用料金 
部屋名  利用時間 面積 利用人数 貸出単位 料金
サークル室1 8:30〜17:00
(準備と撤収時間含む) 
69.6平方メートル 20人 1時間 820円
サークル室2 100.8平方メートル 36人 1時間 1180円
サークル室3 85.4平方メートル 16人 1時間 1000円
 ※サークル室1と2は可動式のしきり壁のため一体で利用可能。
 ※高校生以下が主な利用者の場合は半額。
 ※プロジェクター、スクリーン、音響設備、マイク完備。
 ※利用料金は利用当日、利用前に支払い。
 ※料金支払い後の返金不可。
 ※キャンセルの場合は、前日までに書面で提出。FAX。当日キャンセルは全額徴収。
予約は、春日部夢の森公園事務室で「有料公園施設等使用許可申請書」を記入し提出。1ヶ月先まで申し込みが可能。電話で空き状況を教えてくれます。飲食は禁止だそうです。

インデックスに戻る

こんな記事も読まれています