狭山稲荷山公園(狭山市) 狭山市立博物館

撮影日 2009.10.10

こんな施設があるよ

外観からエントランス

左のかまぼこ型の建物が博物館。右手の平屋はレストランです。
角度を変えてみました。 入口。毎週土曜日は、小・中学生は入場無料。
入口を入って右手にある喫茶「こもれび」。喫茶店のようですが、食事もできます。入っていないのでメニュー・お値段等は不明。 博物館のキャラクターにもなっている「アケボノゾウ」が見えます。右手の受付で入場券を購入。

展示室

狭山市立博物館は、狭山稲荷山公園内にあります。

年に3回の企画展のほか、各種の体験学習や講座やレクチャーコンサートが開催されています。レクチャーコンサートとは、演奏者が楽器や音楽について語りながら演奏するスタイルのコンサートで、馴染みのないめずらしい楽器を学びながら実際に演奏を聴くことができます。

常設展示は「入間川と入間路−その自然と風土−」。原始時代、古墳時代の出土品や、古代からの貴重な狭山の資料が展示されています。

美術品では、横山大観、藤田嗣治、河鍋暁斎等の作品も収蔵されていて、それらを公開することもあるようです。藤田嗣治の作品を観て鬱になってしまった…。

展示室は螺旋状になっていて、ぐるりと歩いて2階に上ります。
2階の窓側にある茶室。 こちらも2階の展示室。武具・甲冑などが展示されていました。奥に企画展の部屋があります。この日は「収蔵展」が開催されていました。

利用案内

開館時間
9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、毎月第4金曜日
入館料
一般 150円(団体100円)
高校生・大学生 100円(団体60円)
小学生・中学生 50円(団体30円)
団体とは20名以上
駐車場
狭山稲荷山公園の駐車場利用 約100台
特記事項
土曜日、こどもの日、11月1日〜7日(彩の国教育週間)は、小・中学生は入場無料
敬老の日は、65歳以上無料。
5月18日〜24日(国際博物館の日)、11月14日(県民の日)は、無料
入館料免除
教育上の目的、視察・研修目的の学校関係者(教職員・児童生徒)、社会教育団体、社会福祉団体等は免除になります。事前に申請が必要。

こんな記事も読まれています