大宮公園(さいたま市大宮区) 満開の桜2017年

最終更新日 2017.4.2 撮影日 2017.4.2

こんな施設があるよ

埼玉県一有名な桜の名所

大宮公園は埼玉県で一番の桜の名所ですが、なぜか一番に満開を迎えることでも知られています。なぜでしょうね?

「日本さくらの名所100選」にも選定された景観を誇る大宮公園には約1000本の桜があると言われています。約1000本の桜ほぼ全てが小動物園の近くの「自由広場」周辺に密集しているので満開を迎えるとたいへんな絶景になります。

桜の時期になるとご覧のようなお花見客でごった返します。美しい桜の木の下に青いビニールシートが敷かれ、老いも若きも、最近は日本人も外国人もみんなでお酒を飲みながら、きわめて日本的なお花見が展開されます。

以下、バカの一つ覚えみたいな桜の写真ばかりですが、少しは伝わるでしょうか?

大宮公園 満開の桜2017年
大宮公園 満開の桜2017年
さくらの100選に選ばれたという銘板。平成2年とありました。
大宮公園 満開の桜2017年
大宮公園 満開の桜2017年
大宮公園 満開の桜2017年
屋台がずらりと並ぶのは小動物園や遊園地の近くの疎林広場です。
大宮公園 満開の桜2017年
大宮公園 満開の桜2017年
大宮公園 満開の桜2017年
大宮公園 満開の桜2017年

一番の撮影ポイント

中でも絶好の撮影スポットとなるのが、自由広場の県営大宮公園野球場近くで園路が交錯する少し開けた場所です。

地図で見ると四方八方から園路が集まる場所が確認できるはずです。この開けた場所に立って自由広場方面を見つめるカットが最高です。桜の時期は目立って一番たくさんの人達がスマホを掲げていますのですぐにわかると思います。

もちろん、そこだけでなく自由広場周辺はどこもすばらしい桜ですが、老木が多く養生していることが多いので特に広場の中に入るときは注意が必要です。

ここが一番の絶景と思われますy。
大宮公園 満開の桜2017年
せっかく大宮公園で一番桜が美しい場所なのに、
ゴミ置き場になっているんです。
大宮公園 満開の桜2017年
縦位置で。でもゴミ置き場。

しだれ桜

自由広場で一番目立つ桜は、たぶん「しだれ桜」です。

これは平成4年、以前相撲場があった場所に横浜の牡丹園から樹齢120年と言われる大木を移植したものです。それ以来、大宮公園のシンボルとなりました。

「しだれ桜」の花は淡いピンクで開花はソメイヨシノより少し早めです。

他にもたくさんある老木は養生のため、周囲をぐるりとロープで囲まれて立ち入り禁止になっていますので注意が必要です。ですので、自由広場でブルーシートを広げるお客さんは減った印象です。

博物館方面へ

もうひとつのスポットが池の周りです。

自由広場側から大宮公園駅方面へ行く園路にもたくさん桜があって、更に博物館方面へ少し進んで振り返ると池と桜の絶景が堪能できます。

今回(2017年)はこのあたりの桜はまだ少し早くて残念でした。 博物館の近くにある広場にも少しだけ桜があります。

大宮公園は埼玉県一の桜の名所なので、ご覧のような屋台がズラリと並んでいます。大半は自由広場の園路周辺ですが、博物館へ向かう池沿いにも数件並んでいます。

日本的なお祭りの情緒に浸るには良いのですが、屋台が桜を邪魔してしまってせっかくの風景が台無しだと思うんですよね。なんとかならないものでしょうか??

大宮公園 満開の桜2017年
博物館とは逆の方向を撮影しています。右手に池。
大宮公園 満開の桜2017年
昔はこの池でボートに乗れたんですよね。
大宮公園 満開の桜2017年
博物館の横にある桜。
大宮公園 満開の桜2017年
これはなんという品種でしょうか。ずいぶん色の濃い桜でした。

こんな記事も読まれています