茨城県自然博物館 シンボル展示

撮影日 2016.8.12

松花江マンモス

茨城県自然博物館に入ってすぐにあるのが「松花江(しょうかこう)マンモス」「ヌオエロサウルス」「メタセコイア」の3つのシンボル展示です。

入口カウンターのすぐ後ろにあるのが「松花江マンモス」の骨格標本です。

中国の内蒙古自治区で発見された世界最大級のマンモスで、体長9.1m高さ5.3m推定体重10tもあります。

茨城県自然博物館 シンボル展示 松花江マンモス
入口から入ってすぐにあります。
茨城県自然博物館 シンボル展示 松花江マンモス
茨城県自然博物館 シンボル展示 松花江マンモス
3階の映像室前から見下ろして撮影しました。

メタセコイア

メタセコイアは生きた化石とも呼ばれる巨大樹木です。

茨城県自然博物館のメタセコイアは、茨城大学に植えられていたもので、高さ28.7mのうちの12.5mを展示しています。推定樹齢は43年だそうです。

茨城県自然博物館 シンボル展示 メタセコイア
2階から撮影。
茨城県自然博物館 シンボル展示 メタセコイア

ヌオエロサウルス

ヌオエロサウルスは世界最大級の装飾恐竜で体長が26m推定体重60tもあります。

茨城県自然博物館の標本は中国の内モンゴルで産出されました。

茨城県自然博物館 シンボル展示 ヌオエロサウルス
胴体部分。2階から。
茨城県自然博物館 シンボル展示 ヌオエロサウルス
足。
茨城県自然博物館 シンボル展示 ヌオエロサウルス
尻尾の部分。